インシーニェ、ナポリとの契約延長が目前に…愛するクラブでの引退を希望か

インシーニェ、ナポリとの契約延長が目前に…愛するクラブでの引退を希望か

15歳からナポリ一筋のインシーニェ [写真]=Getty Images

 ナポリに所属するイタリア代表FWロレンツォ・インシーニェは、クラブとの契約を延長するようだ。5日、イタリア紙『ガゼッタ・デッロ・スポルト』が報じた。

 現在28歳のインシーニェは、ナポリ中心部から北に約10キロメートルの町フラッタマジョーレで生まれ、2006年にナポリの下部組織に加入した。ペスカーラへのレンタル移籍から復帰した2012年夏以降に定位置を確保すると、これまでに公式戦通算336試合に出場し、86得点72アシストを記録している。また、2019年からはマレク・ハムシクの退団に伴い主将を務めている。

 インシーニェは、「ローマのフランチェスコ・トッティやユヴェントスのアレッサンドロ・デル・ピエロのように」心のクラブであるナポリで引退することを望んでいるという。同選手と現行の契約は2022年夏に満了を迎えるが、現在は新契約の締結に向けてクラブとの話し合いを進めている模様。『ガゼッタ』紙によると、インシーニェとナポリは新たに2024年夏までの契約を結ぶことになりそうだ。

関連記事(外部サイト)