乾貴士所属のエイバル、選手やスタッフがリーグ再開を懸念「健康状態が心配」

乾貴士所属のエイバル、選手やスタッフがリーグ再開を懸念「健康状態が心配」

エイバルが声明を発表した [写真]=Getty Images

 MF乾貴士が所属するエイバルの選手やスタッフが、リーグ再開に危機感を持っているようだ。スペイン紙『マルカ』が伝えている。

 新型コロナウイルスの影響でリーガ・エスパニョーラは現在中断している。しかし、トレーニング再開を発表したクラブもあり、ハビエル・テバス会長がフランスのリーグ打ち切りを批判するなど、再開が近づいていると見られている。

しかし、選手やコーチングスタッフは、この再開が近いうちに実現するのではないかと心配しており、懸念を表明する声明を発表した。

「私たちは恵まれており、トレーニングやプレーは楽しいので、プレーしたい。しかし、サッカー選手である前に、私たちは人間だ。社会の多くの人と同じように、私たちも健康状態が心配だ。他の何百万人もの労働者が仕事に復帰しているが、その人々は私たちよりもはるかに注目されておらず、対策も講じられていない。それは公平ではない」

「専門家の推奨する事項である身体的距離を遵守することができないような活動を始めることに恐怖を感じている。私たちは、自分たちが最も楽しんですることによって、この病気にかかり、家族や友人に感染するのではないかと心配している。パンデミックが新たに発生し、全住民に恐ろしい結果をもたらすことになるかもしれない。全員の健康が優先されるべきだ」

関連記事(外部サイト)