交代枠最大5人、VARは使用停止可能に…再開後の一時的な改正が正式決定

交代枠最大5人、VARは使用停止可能に…再開後の一時的な改正が正式決定

交代枠が最大5人に [写真]=Getty Images

 FIFA(国際サッカー連盟)は8日、一時的に交代枠を最大5人に増やすことに合意したことを発表した。

 新型コロナウイルス感染拡大の影響で世界各国のリーグが中断や延期を余儀なくされており、再開後は過密日程による選手たちへの負担増加が懸念されていた。そのため、FIFAは1試合に交代できる人数を5人に増やすことを、サッカーの競技規則を定める国際サッカー評議会(IFAB)に提案。今回、IFABが一時的な規定改正を承認して正式決定となった。

 発表によると、1チームごとの交代枠は2人増えて最大5人となるが、交代は各チーム試合中3回までとハーフタイム中に行える。交代回数の制限は、中断時間の増加を避けるための措置で、すべての交代枠を使うには、一度に複数人の交代をする必要がある。もし、両チームが試合中に同時に交代を行う場合は、各チーム1回とカウントされる。また、カップ戦で延長戦に突入した場合も、未使用の交代枠は持ち越される。

 今回の規定は直ちに有効となり、2020年12月31日までにシーズン閉幕を予定しているリーグや大会が対象。この規定導入の判断は、各リーグや大会の主催者に委ねられる。2021年以降の継続については、IFABとFIFAが今後議論するという。

 また、VAR(ビデオ・アシスタント・レフェリー)制度の利用についても、各リーグや大会の主催者の判断に委ねられる。すでにVARを導入しているリーグでも、シーズン再開後は一時的に使用を停止することができるようになった。

関連記事(外部サイト)