札幌、選手会が医療機関へマスク1万枚を寄贈…MF荒野「皆さまに感謝しています」

札幌、選手会が医療機関へマスク1万枚を寄贈…MF荒野「皆さまに感謝しています」

札幌、選手会が医療機関へマスク1万枚を寄贈…MF荒野「皆さまに感謝しています」の画像

 北海道コンサドーレ札幌は8日、同クラブの選手会が医療従事者の方々へ不織布マスク1万枚を寄贈することを決めたと発表している。

 北海道、札幌市、医療関係のパートナー企業への相談を経て、新型コロナウイルス関連医療の最前線で対応している病院などを含めた、合計8か所の病院・施設にマスクを寄贈すると発表。「北海道コンサドーレ札幌選手会は、『#全道一丸で乗り越えよう』というクラブの想いに賛同し、この難局を企業・業種の垣根を越えて、全員で乗り越えていけるように活動していきたいと考えています」と発信している。

 札幌の選手会長を務めるMF荒野拓馬は、札幌のクラブ公式HPで以下のようにコメントを残している。

「この度、北海道コンサドーレ札幌選手会は、選手みんなで社会貢献、地域貢献ができないかと話し合った結果、新型コロナウイルスと最前線で戦ってくださっている医療従事者の皆さまに向けて、マスク1万枚を寄付させていただくことを決めました。リスクがある中で戦ってくださっている皆さまに感謝しています。試合が再開しましたら、僕たち選手としては皆さまに感動を与えたいと思っていますので、その時まで皆さん、助け合って頑張っていきましょう」

関連記事(外部サイト)