久保建英は初日から軽快なドリブル披露…マジョルカ、約50日ぶりに活動再開

MF久保建英が所属するマジョルカが個人練習再開 監督はマスクと手袋着用で指導

記事まとめ

  • MF久保建英が所属するマジョルカは9日、個人練習を再開させたと公式サイトで発表
  • SNSでは「タケがピッチでの練習を再開」と日本語で久保の個人練習の動画を投稿した
  • マスクと手袋を着用したビセンテ・モレノ監督の指導のもと、個人練習を行ったという

久保建英は初日から軽快なドリブル披露…マジョルカ、約50日ぶりに活動再開

久保建英は初日から軽快なドリブル披露…マジョルカ、約50日ぶりに活動再開

マジョルカに所属する久保建英 [写真]=Icon Sport via Getty Images

 MF久保建英が所属するマジョルカは9日、個人練習を再開させた。クラブ公式サイトが同日に伝えた。

 リーガ・エスパニョーラは新型コロナウイルスの影響で3月12日から中断を余儀なくされていたが、段階的なロックダウン緩和に伴い、今月4日に個人練習再開を発表していた。

 これを受けてマジョルカは、再開に向けたプロトコルに従って、6日に選手たちのメディカルチェックを行い、7日にはクラブ施設の消毒作業を実施。そして、9日から約50日ぶりに個人練習を再開させた。

 クラブ公式ツイッターは、「タケがピッチでの練習を再開」との日本語コメントつきで久保の個人練習の動画を投稿。ボールを使ってランニングする久保は、巧みなステップも交えた軽快なドリブルを披露している。

 なお、地元紙『Diario de Mallorca』によると、コートジボワール人FWラゴ・ジュニオール、クロアチア人FWアンテ・ブディミル、スペイン人MFアレックス・フェバスらが先陣を切ってピッチに登場した模様。初日は感染予防策が徹底された中、マスクと手袋を着用したビセンテ・モレノ監督の指導のもと、全27選手がそれぞれ個人練習を行ったという。

関連記事(外部サイト)