アーセナルの守護神レノがアリソンを絶賛「現時点では最高のGK」

アーセナルの守護神レノがアリソンを絶賛「現時点では最高のGK」

リヴァプールに所属するアリソン [写真]=Getty Images

 アーセナルに所属するドイツ代表GKベルント・レノは、プレミアリーグ最高の守護神がリヴァプールのブラジル代表GKアリソンだと考えているようだ。10日、イギリス紙『イブニング・スタンダード』が伝えている。

 プレミアリーグには、長年活躍しているスペイン代表GKダビド・デ・ヘア(マンチェスター・U)やGK史上最高額の移籍金で加入した同代表GKケパ・アリサバラガ(チェルシー)、2018 FIFAワールドカップ ロシアで優勝したフランス代表の守護神であるGKウーゴ・ロリス(トッテナム)といったトップクラスのGKが多く在籍している。

 その中でもレノは、昨季のチャンピオンズリーグ優勝に貢献し、今季プレミアリーグで首位を独走しているチームを後ろから支えているアリソンが一番であるとの見解を明かした。

「僕にとっては明らかなことで、それはアリソンだ。すべてのことにおいて優れていて、スタッツもそれを証明している。彼はリヴァプールで多くのビッグゲームを経験していて、現時点では最高のGKであることは明らかだと思う」

関連記事(外部サイト)