本田圭佑が『寄付』に持論!「売名でいいやん」「誰かが救われる事実は変わらん」

本田圭佑が『寄付』に持論!「売名でいいやん」「誰かが救われる事実は変わらん」

本田圭佑が、ツイッターで寄付に対する考え方に一石を投じた [写真]=Getty Images

 ボタフォゴに所属する元日本代表MF本田圭佑が、自身のツイッターで寄付に関する持論を述べた。

 新型コロナウイルスの影響で生活に困窮する人が現れるなか、著名人による寄付の動きが各メディアで報じられている。しかし、寄付に関しては「売名」や「偽善」といった声が浴びせられることも少なくない。

 本田は、長友佑都の投稿を引用する形で12日にツイッターを更新。長友は「寄付とか公表すると、売名だとか偽善者だとか言う人いるけど、批判ばかりして何もしない人より、行動できる偽善者の方がよっぽど世の中に影響与えるし、かっこいいと思うぜ! 格好つけて、ぜって言っちゃったよ。笑 とにかく皆さんありがとう!」と、日本の現状を憂いた投稿を行っていた。

 この投稿を引用した本田は「売名でいいやん。偽善でいいやん。その寄付で困ってる誰かが救われるって事実は変わらんよ。ちゃいまっかー?」とメッセージを綴り、世間の寄付に対する考え方に一石を投じた。

関連記事(外部サイト)