北九州の選手会、市へマスク5000枚&防護服22着を寄付

北九州の選手会、市へマスク5000枚&防護服22着を寄付

北九州の選手会、市へマスク5000枚&防護服22着を寄付の画像

 ギラヴァンツ北九州は13日、選手会が北九州市へ、マスク5000枚(大人用4000枚・子ども用1000枚)と防護服22着を寄付したことを発表した。

 なお、これらは北九州市へと寄付された後、北九州市より、物資を必要とする人たちへ送られることになるという。選手会長を務めるDF福森健太は同クラブの公式サイトを通じて以下のようにコメントをしている。

「ギラヴァンツ北九州の福森健太です。今回、選手会として子ども用マスク、大人用マスクあわせて5000枚。そして防護服を北九州市に寄付させて頂きました。必要な方々に使って頂けたらと思っています。今は本当に大変な時期が続いていますが、皆様の日常が1日でも早く戻ってくることを願っています」

関連記事(外部サイト)