ドイツが先駆けて再開…レアルMFクロース「ブンデスが消化できなければ…」

ドイツが先駆けて再開…レアルMFクロース「ブンデスが消化できなければ…」

リーグ再開についてコメントしたクロース [写真]=Getty Images

 レアル・マドリードに所属するドイツ代表MFトニ・クロースが、リーグ再開についてコメントした。スペイン紙『マルカ』が伝えている。

 現在リーガ・エスパニョーラは新型コロナウイルスの影響で中断中。6月の再開を目指しトレーニングを再開するクラブも増えてきている。一方でドイツのブンデスリーガは5月16日からの再開が決定しており、欧州主要リーグで最初の再開となった。

 クロースは、サッカーの短期的な将来は、ドイツで何が起こるかにかかっていると考えているようだ。

「ここでは全員が、ドイツでリーグが順調に消化できなければ誰もリーグを続けられないと考えている。新型コロナウイルスの感染者数や死者数はドイツが大幅に少なかった。ドイツ・ブンデスリーガを終わらせることができないなら、どこが終わらせることができるだろうか。ドイツで何が起こるか見守りたい」

 レアル・マドリードは今週、2カ月ぶりにトレーニングを再開した。クロースは「僕たちは長い間自宅で個人的なトレーニングをしてきた。まるで夏のような長期休暇だったけど、いつかはすべてが戻ってくると信じていたよ」とコメントしている。

関連記事(外部サイト)