内田篤人の“名相棒”…ファルファンが新型コロナ感染、所属のロコモティフは「早く治って!」

内田篤人の“名相棒”…ファルファンが新型コロナ感染、所属のロコモティフは「早く治って!」

シャルケ時代に、内田(左)とプレーしたファルファン(右) [写真]=Getty Images

 ロシア・プレミアリーグのロコモティフ・モスクワは16日、ペルー代表FWジェフェルソン・ファルファンが新型コロナウイルスに感染したことをクラブ公式ツイッターで発表した。

 現在35歳のファルファンは、当時フース・ヒディンク氏が率いていたPSVで頭角を現すと、2008年にはシャルケに活躍の場を移した。シャルケでは、内田篤人と右サイドで絶妙の連係を見せ、“チョコレートライン”と評されたことも。その後は、UAEリーグのアル・ジャジーラを経て、2017年にロコモティフへ移籍し、現在までロシアでプレーを続けていた。

 ロコモティフは、クラブ公式ツイッターで次のような発表を行っている。

「ジェフェルソン・ファルファンが、新型コロナウイルスの陽性反応を示しました。一日も早い回復をお祈りします! 早く治ることを祈っています!」

関連記事(外部サイト)