ラカゼットの笑気ガス吸引疑惑…アーセナルは内部調査実施へ「深刻に受け止めている」

仏代表FWアレクサンドル・ラカゼットが笑気ガス使用か 所属先のアーセナルが調査へ

記事まとめ

  • 仏代表FWアレクサンドル・ラカゼットが笑気ガスである亜酸化窒素を使用していたと報道
  • 英紙は吸引時とみられる写真も公開しており、動画もネット上に流出している
  • ラカゼットが所属するアーセナルは「内部で処理されるだろう」とコメントした

ラカゼットの笑気ガス吸引疑惑…アーセナルは内部調査実施へ「深刻に受け止めている」

ラカゼットの笑気ガス吸引疑惑…アーセナルは内部調査実施へ「深刻に受け止めている」

アーセナルのフランス代表FWアレクサンドル・ラカゼット [写真]=Getty Images

 アーセナルは、同クラブに所属するフランス代表FWアレクサンドル・ラカゼットが笑気ガスである亜酸化窒素を使用していたとして調査に乗り出すようだ。17日、イギリスメディア『スカイスポーツ』が報じた。

 イギリス紙『デイリー・スター』はラカゼットがロックダウン期間中に笑気ガスを吸引していたと報道。風船を使ってガスを吸っているとみられる写真もともに公開していた。また、同選手は吸引時の動画を友人に送ったようで、すでにネット上にも流出しているようだ。

 アーセナルのスポークスマンは「これはプライベートな問題で、我々は深刻に受け止めている。内部で処理されるだろう」とコメント。また、クラブはこの件に関してまだ声明等は発表しておらず、ラカゼット本人も言及していないままとなっている。

関連記事(外部サイト)