甲府、トップチーム活動を一部再開…自主トレを手始めに明日19日から段階的に

甲府、トップチーム活動を一部再開…自主トレを手始めに明日19日から段階的に

甲府が、段階的にトップチーム活動を再開させることを発表

 ヴァンフォーレ甲府は18日、トップチーム活動を一部再開させることを発表した。

 新型コロナウイルスの影響で、甲府は4月6日から当面の間トップチームの活動を休止していた。クラブは、14日に山梨県を含む39県への緊急事態宣言が解除されたことを受け、18日に公式HPで以下のように発表している。

「新型コロナウイルス感染症の感染拡大を考慮して4月6日から当面の間、休止としておりましたトップチームの活動につきまして、5月14日に山梨県を含む39県への緊急事態宣言を解除すると決定したことなどを踏まえ、5月19日より自主トレーニングを手始めに活動を一部再開いたしますので、お知らせいたします。当面、トレーニングはグループごとに分け、時間差をつけた形とし、その後、状況を見ながら、Jリーグとしての再開に向けた動きも考慮しながら、全体トレーニングに繋げていきたいと考えています。また、トレーニング以外の部分でもチーム、ドクターの指導の下、選手、スタッフの毎日の検温などの体調管理、手洗い、うがいの徹底や『3密』の回避、県境をまたいだ移動はしないなど、基本的な感染予防行動や生活様式を改めて徹底してまいります。フロント事務所については、これまで出勤者2割の体制を取って参りましたが、5月18日より出勤者5割体制とし、その後、徐々に通常に戻していきたいと考えています。グッズショップ[まちなかヴァンフォーレプラザ]の店頭営業も下記の通りとし段階的に通常に戻していく予定です。何卒ご理解のほどをよろしくお願いいたします」

関連記事(外部サイト)