スコットランドリーグは打ち切りでセルティック9連覇…食野所属のハーツは2部降格

スコットランドリーグは打ち切りでセルティック9連覇…食野所属のハーツは2部降格

スコットランドではリーグ戦の打ち切りが決定し、セルティックが9連覇を達成した [写真]=Getty Images

 スコティッシュ・プロフェッショナル・フットボール・リーグ(SPFL)は18日に声明を発表し、2019−20シーズンの終了を正式に決定した。

 スコティッシュ・プレミアシップではすでに29から30試合を消化していて、2位と勝ち点差13をつけて首位に立っていたセルティックが9連覇を達成。日本人FW食野亮太郎が所属するハーツは最下位のため降格が決定した。なお、消化試合数の関係から、順位は1試合あたりの勝ち点で決められた。

 SPFLのマードック・マクナレン会長は「まず、セルティックが優勝したことを公式に祝福し、ハーツの降格に心から不憫に思う」とコメント。さらに「これはスコットランドのサッカー関係者が望んでいたようなリーグの終了方法ではないが、深刻で前例のない状況を考慮し、理事会はこれが唯一の現実的な方法であると同意した」と続けている。

関連記事(外部サイト)