バーンリー、助監督の新型コロナ陽性を発表…練習再開は続行へ

バーンリー、助監督の新型コロナ陽性を発表…練習再開は続行へ

バーンリーのイアン・ウォーン助監督 [写真]=Getty Images

 バーンリーは19日、イアン・ウォーン助監督が新型コロナウイルス陽性と判定されたことをクラブ公式サイトで発表した。

 バーンリーは練習再開に向けて、トップチームの選手とスタッフの全員が17日に新型コロナウイルスの検査を受けていた。陽性反応が出たウォーン助監督は無症状で、自宅で安静にしているという。プレミアリーグの規定に従って、今後7日間の自宅隔離を行い、来週中に再び検査を受けるようだ。

 プレミアリーグは19日、各クラブの選手とスタッフの合計748名が17日と18日の2日間に新型コロナウイルスの検査を受け、新たに3クラブで合計6名の陽性反応が確認されたことを発表。クラブ名や個人名などは公表していなかった。

 なお、プレミアリーグは、19日から接触プレー禁止の制限付きで少人数グループの練習再開が可能となった。バーンリーも引き続き練習再開に向けて動くようで、「選手とスタッフの全員が週2回のテストを行うというプレミアリーグのガイダンスに従いつつ、第1段階のトレーニング再開のプロトコルを継続します」とコメントしている。

関連記事(外部サイト)