プレミアでは少人数での練習が再開…マンU主将マグワイアが喜びのコメント

プレミアでは少人数での練習が再開…マンU主将マグワイアが喜びのコメント

練習復帰を喜んだマグワイア [写真]=Getty Images

 マンチェスター・Uに所属するイングランド代表DFハリー・マグワイアが練習再開についてコメントした。イギリス紙『イブニングスタンダード』が伝えている。

 プレミアリーグは新型コロナウイルスの影響を受け、3月中旬から中断中。自宅でのトレーニングが続けられていたが、シーズン再開への第一歩として小グループかつ、非接触と強く制限されてはいるものの、チームでのトレーニングが再開した。

 マンチェスター・Uでキャプテンを務めるマグワイアは、練習再開に際し次のようにコメント。ピッチ復帰を喜んだ。

「奇妙な数カ月だったよ。でもクラブが定めたプロトコルだからね。(練習場は)安全な環境のように見えたよ。今日が練習の初日だったが、とても安全そうで、みんながとてもよくプロトコルを尊重している。それがずっと続いても、誰も問題を抱えることはないだろうね」

 クラブの安全管理の方法については、「本当によく組織されている。皆がもう知っている通り、僕たちは全員、ピッチ入る前に検査を受け、全員が陰性の結果だった。毎朝、練習場に着く前に体温を測っている。僕たちは全員が連絡を取り合い、その日のうちに何か症状があったかどうかを確認している」と万全な体制であると明かした。

 マグワイアは、パス、ドリブル、有酸素運動などのさまざまなトレーニングを4人プラスコーチ1人のグループで行ったようだ。同選手は「一番重要なのはフィジカルトレーニングをすることが精神的な助けになることだ。練習場で、見慣れた顔を見ることがね」とひとまずのリラックスを語っている。

関連記事(外部サイト)