「レアルでならバロンドールも…」マルティネス監督がアザールへの絶大な期待を語る

「レアルでならバロンドールも…」マルティネス監督がアザールへの絶大な期待を語る

ベルギー代表のアザール(左)とマルティネス(右)監督 [写真]=Getty Images

 ベルギー代表のロベルト・マルティネス監督は、レアル・マドリードに所属するベルギー代表FWエデン・アザールが将来的にバロンドールを受賞できると語った。21日、スペイン紙『アス』が報じている。

 アザールは昨夏チェルシーから1億ユーロ(約118億円)でレアル・マドリードへと移籍。しかしケガやコンディション不良に苦しまされたファーストシーズンはここまで公式戦15試合の出場にとどまり、その才能を存分に発揮することはできていない。それでも、20日にベルギー代表監督としての契約延長を発表したマルティネス氏は、その大きなポテンシャルを信じて疑わないようだ。

「間違いなく、レアル・マドリードでならバロンドールを獲得することができるだろうね」

「新しいクラブですべてのポテンシャルを発揮することや、レアル・マドリードのような偉大なクラブでプレーすることの意味を理解するのは時に難しく、大変なスタートを強いられてしまう」

「エデンは試合に負けないんだ。チェルシーでは8年間で18試合しか負けていないし、それは状況によるものだ。ケガをしたパリ・サンジェルマン戦では、我々はすでにエデンが喜びと、そしてチームメイトとの素晴らしい連係とともにプレーするのを見ただろう。レアル・マドリードのファンは彼が多くの成功をもたらすことを信じているはずだ」

 母国の代表チームを率いる名将からも大きな期待を受けるアザールは、公式戦再開後にそのポテンシャルを発揮することができるのだろうか。

関連記事(外部サイト)