インテル、アグエロ獲得に関心か…同胞マルティネスの退団に備える

インテル、アグエロ獲得に関心か…同胞マルティネスの退団に備える

インテルはアグエロ獲得に関心を示している [写真]=Getty Images

 インテルはマンチェスター・Cに所属するアルゼンチン代表FWセルヒオ・アグエロの獲得に関心を示している。22日にイギリス紙『マンチェスター・イブニング・ニュース』が報じた。

 アグエロは2011年にマンチェスター・Cへと加入して以来、チームの絶対的エースストライカーとして活躍を繰り返してきた。同選手は公式戦通算368試合に出場し254ゴール72アシストを記録しており、4度のプレミアリーグ制覇に貢献している。

 同紙によると、アグエロに対してインテルが獲得に関心を示しているという。同クラブは同じくアルゼンチン代表FWラウタロ・マルティネスのバルセロナ移籍に備え、複数のFWをリストアップしており、アグエロも候補者に挙がっているようだ。

 同選手は以前、マンチェスター・C退団は考えていないとコメントしていた反面、チャンピオンズリーグ優勝を目標としているのも事実である。もしもインテルがマンチェスター・Cよりもその目標に到達するに最適な環境を提供できるのであれば、アグエロの気持ちも揺らぐのではないだろうか。

関連記事(外部サイト)