アストン・ヴィラ指揮官の父ロン・スミス氏が新型コロナにより逝去…4週間闘病も及ばず

アストン・ヴィラ指揮官の父ロン・スミス氏が新型コロナにより逝去…4週間闘病も及ばず

アストン・ヴィラが訃報を伝えた [写真]=Getty Images

 アストン・ヴィラは27日、ディーン・スミス監督の父ロン・スミス氏が逝去したことを伝えた。クラブ公式サイトで伝えている。

 6年前に認知症と診断され介護施設で暮らしていたというロン氏は、4週間前に新型コロナウイルスに感染。その後入院し闘病生活を送っていたが、家族が見守る中で息を引き取ったという。79歳だった。

 ロン氏は生涯アストン・ヴィラのサポーターで、本拠地『ヴィラ・パーク』の常連だったことも伝えられている。また、1982年5月に同クラブがヨーロピアン・カップ(現チャンピオンズリーグ)を制した時は、試合が行われたロッテルダムにも足を運んでいたという。

関連記事(外部サイト)