またもやあのクラブから?…チェルシーがタグリアフィコを約30億円で獲得へ

またもやあのクラブから?…チェルシーがタグリアフィコを約30億円で獲得へ

アヤックスに所属するタグリアフィコ [写真]=Getty Images

 チェルシーはアヤックスに所属するアルゼンチン代表DFニコラス・タグリアフィコの獲得を検討しているようだ。27日、イギリス紙『テレグラフ』が報じている。

 チェルシーのフランク・ランパード監督は、今夏の移籍市場で左サイドバックにレギュラークラスの新戦力を加えることを望んでいる模様。これまではレスターのイングランド代表DFベン・チルウェルの名前が第1候補として挙がっていたが、高額な移籍金が障害となり交渉は進まず。その代役として、アヤックスのタグリアフィコが新たにリストアップされたようだ。

 タグリアフィコはアルゼンチン代表のレギュラーとしてロシアワールドカップを戦った27歳。今季クラブを退団する可能性があると言われており、先日には同じプレミアリーグのアーセナルからの関心も報じられた。しかしチェルシーは、モロッコ代表MFハキム・ツィエクを獲得した際にアヤックスとの良好な関係を構築しており、交渉で有利な立場にあるという。その移籍金は2240万ポンド(約30億円)とみられ、チェルシーにとって金銭的な負担もそう大きくはないようだ。

関連記事(外部サイト)