森谷や長谷川アーリアら、横浜FMユース出身者がプロジェクト『ROOTS.』を立ち上げ

森谷や長谷川アーリアら、横浜FMユース出身者がプロジェクト『ROOTS.』を立ち上げ

森谷や長谷川アーリアら、横浜FMユース出身者がプロジェクト『ROOTS.』を立ち上げの画像

 横浜F・マリノスのユース出身、森谷賢太郎(愛媛FC)、長谷川アーリアジャスール(名古屋グランパス)、田代真一、武田英二郎(ともに横浜FC)、山岸純平(法政大学体育会サッカー部出身)、齋藤陽介(元横浜F・マリノス)の6名が発案したプロジェクト『ROOTS.』が発足した。

『ROOTS.』とは、新型コロナウイルス感染拡大により日常生活が制限されていた中、サッカーやスポーツを通して「何かできることはないか」という思いの中で発足されたプロジェクト。6名がサッカーを通して培ってきたこれまでの経験やスキル、思いを伝えることでサッカーやスポーツを楽しむ子どもたちに向けて、更なる成長や楽しみのきっかけ作りの場を創出することを目的としている。オンライン上でのスクールや、トークイベントなどを開催する予定となっている。

 6月15日、17日、23日にはオンラインによるトークイベント「ROOTS. Talk Session Vol.1」の開催が決定。小学5、6年生で構成されているサッカーチーム計3チームを募集し、6名と交流する。

 プロジェクト開始に際し、森谷は「この度、横浜F・マリノスのアカデミー出身をルーツに持つ6人で『ROOTS.』というコミュニティを作りました。新型コロナウイルス感染拡大の影響により自分たち自身の行動も制限される中、サッカーを楽しみにされている方々に対して、『どんなに小さなことでも“いま自分たちにできること”を自分たちなりに行動に移していきたい』という思いから発足しました。自分たちが『楽しい』と思うことはもちろん、みなさんにも楽しんでいただけるよう、色々なことにチャレンジしていきたいと思います。また、これまで自分たちが培ってきた経験や思いを伝えることで、何かの気づきのきっかけや成長の糧になればと考えています。僕たちだけではなく、みなさんとコミュニケーションを取りながら一緒に作り上げていく、そんなコミュニティにできれば幸せです」とコメントを寄せている。

関連記事(外部サイト)