カズが、イニエスタが…中咽頭がん公表のワッキーに、J選手たちが激励動画! 浦和DF槙野智章が発起人

カズが、イニエスタが…中咽頭がん公表のワッキーに、J選手たちが激励動画! 浦和DF槙野智章が発起人

Jリーグを盛り上げてきたワッキーに、選手たちがエール(写真は2019年9月14日のもの) [写真]=Soccer King / Shimpei Kanada

 6月に中咽頭がんを公表したお笑いコンビ・ペナルティのワッキーが19日、大勢のJリーガーが自身にエールを送った動画をツイッターで公開した。

 ワッキーに送られた動画は、浦和レッズに所属する元日本代表DF槙野智章が発起人となって制作された。動画の冒頭には横浜FC所属の元日本代表FW三浦知良が登場。その後、Jリーグ各クラブの選手たちが入れ代わり立ち代わり出演した。大分トリニータ所属の三平和司は、ワッキーの持ちギャグを披露。船橋市立船橋高等学校サッカー部出身で、これまでJリーグを盛り上げ続けてきたワッキーの体調を案じつつ、闘病中のワッキーを元気づけた。

 動画の最後には、ヴィッセル神戸所属の元スペイン代表MFアンドレス・イニエスタが登場。「こんにちは、ジャッキー(ワッキー)さん。頑張って!」と、ユーモアあふれるエールで動画を締めくくっている。

 自身のツイッターに動画を投稿したワッキーは「浦和レッズ槙野智章選手の声がけでこんなすごいVTRいただきました。みなさんのメッセージが僕の中でとんでもないパワーになっています! 各チームの方々、本当に本当にありがとうございました。僕は幸せ者です。そしてマキ、ありがとう」と綴っている。

関連記事(外部サイト)