レアル、バルサとの勝ち点差を4に広げる…S・ラモスのPK弾でヘタフェに辛勝

レアル、バルサとの勝ち点差を4に広げる…S・ラモスのPK弾でヘタフェに辛勝

レアル・マドリードとヘタフェが対戦した [写真]=Getty Images

 リーガ・エスパニョーラ第33節が2日に行われ、首位レアル・マドリードと6位ヘタフェが対戦した。

 今節2位バルセロナが3位アトレティコ・マドリードと引き分けたため、レアル・マドリードは勝てばバルセロナとの勝ち点差を「4」に広げられる。そんななか迎えた“マドリード・ダービー”ではヘタフェの堅守に苦しみ、チャンスを作れない時間が続く。23分にはフェルランド・メンディのグラウンダークロスに飛び込んだヴィニシウス・ジュニオールが合わせたが、枠を捉えたシュートは相手GKダビド・ソリアの好守に阻まれた。前半に得点は生まれず、試合はスコアレスで折り返した。

 レアル・マドリードは後半に入ってからも攻め手に欠く時間が続いたが、78分にダニ・カルバハルがPKを獲得。キッカーを担当した主将セルヒオ・ラモスは冷静に沈め、待望の先制点を獲得した。S・ラモスにとっては、リーグ通算70得点目となった。

 試合はこのまま終了。レアル・マドリードはリーグ再開後6戦全勝で、勝ち点を「74」に伸ばしてバルセロナを突き放すことに成功した。次節は5日に行われ、レアル・マドリードはアスレティック・ビルバオと、ヘタフェはオサスナと対戦する。

【スコア】
レアル・マドリード 1−0 ヘタフェ

【得点者】
1−0 79分 セルヒオ・ラモス(レアル・マドリード)

関連記事(外部サイト)