NIKEがクラブの50周年を記念したPSGの来季ユニフォームを発表

NIKEがクラブの50周年を記念したPSGの来季ユニフォームを発表

ナイキが来シーズンのPSGのユニフォームを発表した [写真]=NIKE

 ナイキは、サプライヤーを務めるパリ・サンジェルマン(PSG)が2020−21シーズンに着用する新ユニフォームを発表した。

 この度発表された新ユニフォームは、クラブの50周年を記念して、愛すべきヘクター・ストライプを記念したものとなっている。元クラブ会長のダニエル・ヘクターがイメージした赤のストライプは、過去50年間で多くのクラシックなジャージに使用されており、PSGのアイデンティティーの中心にあると解説。DFマルキーニョスは、「ヘクター・ストライプはPSGの特別なシンボルであり、この重要な節目にクラシックバージョンを着るのは正しいことだと思う。この有名なキットの数々と、それを身につけた偉大な選手たちのことを考えると、驚くべきことだね。そして今こそ、この美しいデザインを身につけて歴史を作る時だ」とコメントしている。

 ナイキ・フットボール・アピールの副責任者を務めるスコット・マンソン氏は、「クラブのサッカーとファッションの50周年を祝いたいと思っていました。それがこの大胆なヘクターのストライプが復活につながっています。ホームキットは、クラブの設立と独自のスタイルの確立に貢献しています。アウェイキットは、PSGがヨーロッパで頭角を現し、当時最も記憶に残るジャージを着ていた90年代半ばのアイコン的な雰囲気を呼び起こします」と説明している。

 PSGの新シーズンキットは、7月21日からナイキのストア及びPSGのストアで購入可能となる。
[写真]=NIKE

関連記事(外部サイト)