マンC、ボーンマスからDFアケの獲得を発表「僕にとっては夢のようなこと」

マンC、ボーンマスからDFアケの獲得を発表「僕にとっては夢のようなこと」

マンチェスター・C移籍が決定したアケ [写真]=Getty Images

 マンチェスター・Cは5日、ボーンマスからオランダ代表DFネイサン・アケを獲得したことを発表した。なお、契約期間は2025年までの5年間となっている。

 現在25歳のアケは、2011年にフェイエノールトの下部組織からチェルシーのアカデミーへと移籍し、2012年12月に同クラブのトップチームデビューを果たした。レディングやワトフォードへの武者修行を経て、2016年夏にレンタル移籍でボーンマスに加入すると、翌2017年夏に同クラブへの完全移籍を果たした。

 ボーンマス加入後公式戦121試合に出場したアケは、古巣チェルシーなどが獲得を目指していると見られていたが、ジョゼップ・グアルディオラ監督が率いるマンチェスター・Cが射止めた。また、イギリスメディア『BBC』によると、移籍金は4000万ポンド(約55億円)になるという。

 アケは加入に際し、次のようにコメントしている。

「ここに来ることは僕にとって夢のようなことだ。このチームのどこを見ても、国際的なビッグネームがいる。ペップは世界中で賞賛されている監督だ。彼が成し遂げた成功は信じられないほどのもので、彼のスタイルは僕にとって魅力的だ」

「試合に出るためには努力しなければならないことは分かっているが、そのためにここにいるんだ。インパクトを与え、チームがタイトルを獲得するためにできることは何でもするよ」

関連記事(外部サイト)