山口、16歳の河野孝汰とプロ契約締結…29日の長崎戦でJ2最年少得点記録

山口、16歳の河野孝汰とプロ契約締結…29日の長崎戦でJ2最年少得点記録

山口が河野とのプロ契約締結を発表した

 レノファ山口FCは31日、レノファ山口FC・U−18に所属している河野孝汰と2020年8月1日付でプロ契約を結んだことを発表した。

 現在16歳の河野は、山口県出身。山口にはU−12チームから所属し、昨年11月16日に行われた2019明治安田生命J2リーグ第41節モンテディオ山形戦でトップチームデビューを果たした。

 河野は今シーズンのJ2にも出場しており、29日に行われたV・ファーレン長崎では63分から出場し得点を挙げた。チームは1−2で敗れたものの、河野のゴールは16歳と11カ月17日でJ2最年少得点記録になり、初めての16歳以下で得点を記録した選手となった。

 河野は今回のプロ契約に際し次のようにコメント。意気込みを語っている。

「今回、レノファ山口FCでプロ契約をすることになりました。河野孝汰です。プロとしてやるという覚悟、責任、自覚を今まで以上に持ち、現状に満足することなく自分の夢に向かって日々全力で努力をしていきたいと思います!これからも引き続き応援をよろしくお願いします!!」