FA杯制覇のアーセナル指揮官、マンC時代の恩師たちに感謝「彼らなしでは…」

FA杯制覇のアーセナル指揮官、マンC時代の恩師たちに感謝「彼らなしでは…」

FAカップを制覇したアーセナルのアルテタ監督 [写真]=Getty Images

 アーセナルを率いるミケル・アルテタ監督が、FAカップ優勝後にコメントを残した。イギリスメディア『スカイスポーツ』が1日に報じている。

 FAカップ決勝戦が1日に行われ、アーセナルとチェルシーが対戦。クリスティアン・プリシッチのゴールでチェルシーが先制すると、その後ピエール・エメリク・オーバメヤンが2ゴールを挙げてアーセナルが逆転。アーセナルがチェルシーに勝利して、FAカップを制した。

 アーセナルの指揮官就任後初タイトルを獲得したアルテタ監督は「ここ6カ月で我々の生活に起きた多くのことは、個人的にもとても大変だった」と振り返った。「我々はエネルギーやメンタリティーを変えなければならなかった。努力が結果となり、我々はタイトルを獲得することができた」と述べ、次のように続けた。

「これは最初のトロフィーだ。まだ他の多くのことを改善する道のりは長いが、私は誇りに思っている。我々は多くのことを変えることができた。この素晴らしいチームを代表して、私に監督としての機会を与えてくれた人達に感謝しなければない」

 また、かつてマンチェスター・Cのアシスタントコーチを務めていたアルテタ監督は、マンチェスター・Cのジョゼップ・グアルディオラ監督と、マンチェスター・Cでフィットネスコーチを務めるロレンツィオ・ブエナベントゥーラ氏の名前を挙げて「彼らなしでは、私は今日ここにいない。我々は共に信じられない旅をして、彼らはいつも私に将来を決める機会を与えてくれた」と感謝の意を述べた。

関連記事(外部サイト)