独1部昇格に貢献…シュトゥットガルトFWゴンサレスにドルトムントが関心か

独1部昇格に貢献…シュトゥットガルトFWゴンサレスにドルトムントが関心か

ドルトムントへの移籍の噂が報じられたニコラス・ゴンサレス [写真]=Getty Images

 シュトゥットガルトに所属するアルゼンチン代表FWニコラス・ゴンサレスにドルトムントへの移籍の噂が浮上しているようだ。ドイツメディア『sport1』が2日に報じている。

 ドルトムントからの正式なオファーはまだ出されていないというが、シュトゥットガルトのスヴェン・ミスリンタートSD(スポーツディレクター)はインタビューのなかで、「適切な金額が提示されたら交渉に乗るつもりだ。ドルトムントのような国際的にトップレベルのクラブからオファーが来れば、断るのは現実的に難しいことは理解している」と話している。

 同メディアによれば、現在22歳のゴンサレスはクラブからの退団を望んでいるとされているが、ミスリンタートSDは「ニコラスにはまだ契約が残っていて、解除条項もない。だから最終的には我々が決めることになる」とし、去就は不透明なようだ。

 ゴンサレスは2019−20シーズン、リーグ戦29試合に出場して14得点3アシストを記録し、クラブのブンデスリーガ1部昇格に大きく貢献していた。なお、シュトゥットガルトとの現行契約は2023年6月までとなっている。

関連記事(外部サイト)