新守護神を模索中のチェルシー、GKポープ獲得に本腰…約69億円を用意か

新守護神を模索中のチェルシー、GKポープ獲得に本腰…約69億円を用意か

チェルシーは新たな守護神の獲得を希望している [写真]=Getty Images

 チェルシーはバーンリーに所属するイングランド代表GKニック・ポープの獲得に関心を示している。3日にイギリス紙『スター』が報じた。

 ポープは今シーズン、バーンリーにて第一GKとして活躍を繰り返した。同選手はリーグ戦38試合に全て先発フル出場し、15試合において無失点を記録している。

 同紙によると、チェルシーがポープの獲得に関心を示している模様だ。同クラブを率いるフランク・ランパード監督は現在クラブの守護神であるスペイン代表GKケパ・アリサバラガの代役獲得を優先事項として掲げているという。

 チェルシーはポープに対して5000万ポンド(約69億円)の移籍金を用意しており、獲得に本腰を入れる模様だ。バーンリー側も適切なオファーであれば交渉に応じる姿勢だという。果たして今夏の移籍市場でポープのステップアップは実現するのであろうか。

関連記事(外部サイト)