横浜FM、GKオビ・パウエル・オビンナが栃木へ育成型期限付き移籍

横浜FM、GKオビ・パウエル・オビンナが栃木へ育成型期限付き移籍

横浜FMのGKオビ・パウエル・オビンナが栃木へ

 横浜F・マリノスは4日、GKオビ・パウエル・オビンナが栃木SCへ育成型期限付き移籍すると発表した。期限付き移籍期間は2021年1月31日までとなっている。

 オビ・パウエル・オビンナは身長193センチの大型GK。JFAアカデミー福島から流通経済大学を経て、今季から横浜FMに加入した。年代別日本代表にも継続的に選出されてきた。

 育成型期限付き移籍に際し、横浜FMの公式サイト上で以下のようにコメントを発表している。

「このたび、栃木SCへ育成型期限付き移籍をすることになりました。今シーズンから加入した身ではありますが、本当にこのクラブが大好きです。だからこそ、この決断に至りました。成長してF・マリノスの力になれるよう頑張ってきます。F・マリノスファミリーの皆さん、行ってきます!」 

 また栃木の公式サイト上で以下のようにコメント、抱負を述べている。

「栃木SCの皆様、はじめまして。横浜F・マリノスから加入しましたオビパウエルオビンナです。グリーンスタジアムでお会いできる日を楽しみにしています。皆さんの期待に応えられるよう精一杯頑張ります!これからよろしくお願いします」

関連記事(外部サイト)