ELベスト8進出に貢献したルカク「この調子を続けていきたい」

ELベスト8進出に貢献したルカク「この調子を続けていきたい」

インテルに所属するルカク [写真]=Getty Images

 インテルに所属するベルギー代表FWロメル・ルカクが、ヨーロッパリーグ(EL)決勝トーナメント2回戦のヘタフェ戦を振り返った。5日、イタリアメディア『フットボール・イタリア』が伝えている。

 この試合は当初3月12日にファーストレグが行われる予定だったが、新型コロナウイルスの影響で中止に。勝敗は一発勝負に変更され、ようやく大会が再開。インテルは33分にルカクが先制点を決めると、83分には途中出場のクリスティアン・エリクセンが追加点を決め、2−0でヘタフェに勝利した。

 準々決勝進出に貢献したルカクは同メディア『スカイ』で、「アグレッシブにプレーをする難しい相手との試合だったが、僕たちはうまくやったと思う」と試合を振り返った。

「守備陣は素晴らしい仕事をしたし、チームのためにゴールを決めることができたのは嬉しく思っている。クリスティアンのゴールも勝利のためには重要だったし、この調子を続けていく必要がある」

 また、追加点のチャンスもあったが、ゴール前でのシュートをミートさせることができなかったルカク。「このようなことはサッカーでは起こり得ることだ。もう次の試合のことに考えている」と切り替えをしていることを強調し、次戦への意気込みを語った。

「僕たちは勝利が欲しかったから、この結果には満足している。チームは成長しているし、このやり方を続けていくことが必要だ。毎日成長していきたいね」

 ELの準々決勝は10日に行われる予定となっており、6日に行われるレンジャーズ対レヴァークーゼンの勝者と対戦する。

関連記事(外部サイト)