FC琉球が茂木駿佑の新型コロナ陽性を発表…36名の選手・スタッフは全員陰性

FC琉球が茂木駿佑の新型コロナ陽性を発表…36名の選手・スタッフは全員陰性

琉球が茂木の新型コロナウイルス陽性を発表した 

 FC琉球は6日、4日に実施したPCR検査の結果を発表し、MF茂木駿佑に新型コロナウイルスの陽性反応が出たことを発表した。

 茂木は7月31日に行われたJリーグ公式検査においては陰性だったものの、8月4日にDF知念哲矢がJリーグ公式検査の結果で医師の診断により陽性と判定されたことを受けて選手・スタッフ37名に対し実施されたクラブ独自の検査で陽性反応が見られた。なお、その他36名は陰性が確認されている。また、同選手は自宅待機中の8月5日21時頃に発熱。現在は頭痛以外の症状はないようだ。

 同クラブは、濃厚接触者について、「8月4日に新型コロナウイルス感染症の陽性判定をされた知念哲矢選手のチームトレーニング、試合を含めた行動履歴から茂木駿佑選手、その他選手1名の計2名が所轄保健所より濃厚接触者として特定されました。茂木選手以外に濃厚接触者と特定された選手1名は8月4日のPCR検査では陰性が確認されましたが自宅にて健康観察を継続いたします。なおチーム活動での濃厚接触者はいないと判断されました」と発表。今回陽性が見られた茂木との濃厚接触者は所轄保健所から知念のみと判断されたことも伝えている。