バルサ指揮官、ナポリ戦のスタメンは「数日前に決めた」…自身の去就にも言及

バルサ指揮官、ナポリ戦のスタメンは「数日前に決めた」…自身の去就にも言及

バルセロナを率いるセティエン監督 [写真]=Getty Images

 バルセロナを率いるキケ・セティエン監督が、8日に行われるチャンピオンズリーグ(CL)・決勝トーナメント1回戦セカンドレグのナポリ戦の前日会見に出席した。スペインメディア『ムンド・デポルティーボ』が7日に同監督のコメントを伝えている。

 2月25日に敵地で行われたファーストレグを1−1のドローで終えたバルセロナは、貴重なアウェイゴールを持ち帰ることに成功した。セティエン監督はホームで行われるセカンドレグについて「この一戦に向けて、チームにとってベストな準備を行なってきた」と意気込み。選手起用に関しては「一部の選手のポジションは入れ替わるかもしれないが、明日のスタメンは数日前に決めている」と話した。

 セティエン監督は対戦相手のナポリについてもコメント。「ナポリのチーム状況は前回の対戦時よりも良くなっていると思う。(ジェンナーロ・)ガットゥーゾ監督はチームにポゼッションを落とし込むと同時に堅実な守備も構築した。彼らは攻撃でも力を発揮している。けれども、私たちもナポリのことを研究してきた。彼らがポテンシャルを発揮するのを抑え、少しでも彼らの時間を減らすことができたらいい」

 また、今季のバルセロナはリーガ・エスパニョーラのタイトルを逃したことからセティエン監督の解任も取り沙汰されている。仮にCLでも敗れることになると去就に関する報道はさらに白熱することが予測されるが、セティエン監督は「明日の試合が最後になると考えたことは決して一度もない。これからも続けていくつもりで準備をしてきた」と述べ、現時点ではバルセロナから離れる意思が無いことを明かした。

関連記事(外部サイト)