「最高の期待に応えなければ」…C・ロナウド、自身のインスタでファンにメッセージ

「最高の期待に応えなければ」…C・ロナウド、自身のインスタでファンにメッセージ

ユヴェントスのポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウド [写真]=Getty Images

 ユヴェントスのポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドが8日に自身のインスタグラムを更新し、ファンにメッセージを送った。

 ユヴェントスは7日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)決勝トーナメント1回戦セカンドレグでリヨンをホームに迎え、2−1で勝利した。しかし2戦合計スコアが2−2となりアウェイゴール数で上回ったリヨンがベスト8進出を決めた。

 クリスティアーノ・ロナウドは自身のインスタグラムで「普段より遅かったけど思っていたより早く、僕たちの2019−20シーズンが終わってしまった」と始め、以下のように続けた。

「クリティカルシンキングは進歩するための唯一の方法だから、今は反省して、浮き沈みを分析する時間だよ」

「ユヴェントスのような大きなクラブは常に世界最高のように考え、世界最高のように努力しなければならない」

 ユヴェントスでプレーする責任をそう述べたC・ロナウドは「こういった困難な都市にまたセリエAを制覇できたことは僕らにとって本当に誇りに思うことだよ」と続けた。さらに、「個人的にはユヴェントスで37ゴール、ポルトガル代表で11ゴールを挙げたことは僕に野心を抱かせ、さらに良い仕事を続けたいと思わせてくれる」と今シーズンの自身の記録を振り返り、さらなる決意を示した。

 一方で、「ファンは僕たちにもっと多くのことを求めている。彼らはもっと僕らに期待している。だから僕たちはその最高の期待に応えなければならない」と自らに言い聞かせた。

「この短い休暇で僕たち全員が将来のために最善の決断をして、これまで以上に強く、より献身的になって戻ってくることができますように」