バイエルンFWミュラー、CL・バルサ戦もエースに期待「金曜日にはわかる」

バイエルンFWミュラー、CL・バルサ戦もエースに期待「金曜日にはわかる」

ロベルト・レヴァンドフスキに期待を寄せるトーマス・ミュラー [写真]=Getty Images

 バイエルンに所属する元ドイツ代表FWトーマス・ミュラーが試合後のインタビューに答え、同僚のポーランド代表FWロベルト・レヴァンドフスキについてコメントしている。イギリス紙『デイリーメール』が9日に報じた。

 バイエルンはチャンピオンズリーグ(CL)・ラウンド16のチェルシー戦で2戦合計7−1で勝利し、2季ぶりとなるCL8強進出を決めている。これにより、一発勝負となる決勝トーナメント準々決勝では14日にバルセロナと戦うことが決定している。

 ミュラーは、チェルシー戦で2戦合計2ゴール2アシストを記録したレヴァンドフスキについて、「(レヴァンドフスキが今世界最高のオールラウンドアタッカーかどうかは)金曜日にわかるだろう」と話し、同選手の活躍を期待しているようだ。

 レヴァンドフスキは今季これまで公式戦44試合に出場し53ゴール8アシストを記録。バルセロナ戦ではミュラーをはじめチームの期待に応え、CL4強進出に貢献することはできるだろうか。

関連記事(外部サイト)