シャフタールが4発完勝でバーゼルを下す…EL準決勝ではインテルと激突へ

シャフタールが4発完勝でバーゼルを下す…EL準決勝ではインテルと激突へ

シャフタールがバーゼルを下した [写真]=Getty Images

 ヨーロッパリーグ(EL)準々決勝が10日に行われ、シャフタールとバーゼルが対戦した。

 なお、2019−20シーズンのELは準々決勝から全試合がドイツの4都市で集中開催され、各ラウンドは一発勝負のシングルレグで争われる。

 スコアは開始早々に動く。2分、マルロスの右サイドからのCKをジュニオール・モラレスがニアサイドで合わせ、シャフタールが先制に成功する。

 さらにシャフタールは22分、カウンターから右サイドのマルロスが中央へグラウンダーなパスを送ると、走り込んできたタイソンが合わせる。左足シュートは相手DFに当たってゴールネットを揺らした。

 2−0でシャフタールがリードを握ったままハーフタイムへ突入した。

 後半に入ってケマル・アデミやリッキー・ファン・ウォルフスウィンケルなど前線のカードを切ったバーゼルだが、なかなか得点を奪えない。すると74分、タイソンがペナルティーエリア内で倒され、PKを獲得。アラン・パトリキが豪快に決めてシャフタールが決定的な3点目を記録した。

 試合終盤にも1点を追加したシャフタールはバーゼルの反撃を1点に抑え、4−1の完勝。準決勝ではインテルと対戦する。

【スコア】
シャフタール 4ー1 バーゼル

【得点者】
2分 1−0 ジュニオール・モラレス(シャフタール)
22分 2−0 タイソン(シャフタール)
75分 3−0 アラン・パトリキ(シャフタール)
88分 4−0 ドド(シャフタール)
90+2分 4−1 リッキー・ファン・ウォルフスウィンケル(バーゼル)

関連記事(外部サイト)