バルサで陽性反応が出たのはトディボと判明…CLバイエルン戦には帯同しておらず

バルサで陽性反応が出たのはトディボと判明…CLバイエルン戦には帯同しておらず

昨季はシャルケでプレーしたトディボ [写真]=Getty Images

 バルセロナで新型コロナウイルスの陽性反応が確認されたのは、フランス人DFジャン・クレール・トディボだと判明した。12日、選手が自身のSNSアカウントで報告している。

 バルセロナは12日、同クラブの所属選手内で新型コロナウイルスの陽性反応が確認されたことを発表。チャンピオンズリーグ(CL)の遠征メンバーではない所属選手1名だと明かされていたが、この選手がトディボだったと判明した。なお、14日に開催予定となっているCL準々決勝バイエルン戦の招集メンバーとは接触がなかったことが既に発表されている。

 トディボは12日に自身のTwitterを更新。「練習に復帰したい気持ちが強いけど、今は家に残ってウイルスが消えるのを待つよ」と、自宅待機の状態であることを明かしながら、「すべてのサポートと応援に感謝するよ」とファンにメッセージを送った。

関連記事(外部サイト)