ベンフィカが新戦力3名発表!…フェルトンゲン、エヴェルトン、ヴァルトシュミットを獲得

ベンフィカが新戦力3名発表!…フェルトンゲン、エヴェルトン、ヴァルトシュミットを獲得

エヴェルトン(左)、フェルトンゲン(中央)、ヴァルトシュミット(右)[写真]=Getty Images

 ベンフィカは14日、ベルギー代表DFヤン・フェルトンゲン、ブラジル代表FWエヴェルトン、ドイツ代表FWルカ・ヴァルトシュミットの3選手の獲得を発表した。

 今夏にトッテナムを退団したフェルトンゲンは、2023年までの3年契約を締結し、背番号は「5」に決定。エヴェルトンはブラジルのグレミオから初の欧州移籍を果たし、2025年までの5年契約で背番号は「7」に決まった。ヴァルトシュミットはフライブルクから加入し、同じく5年契約で背番号は「10」となった。

 現在33歳のフェルトンゲンはアヤックスの下部組織出身で、2012年夏にトッテナムに移籍。在籍8シーズンで公式戦315試合に出場し、7月に契約満了を迎えて退団した。ベルギー代表では2007年6月にデビューを飾り、通算118試合出場9ゴールを記録している。

 現在24歳のエヴェルトンは、2014年にグレミオでトップデビューを果たし、これまで180試合に出場して47ゴールを記録。2016年のコパ・ド・ブラジルや2017年のコパ・リベルタドーレスでの優勝に貢献した。2018年9月にブラジル代表でデビューし、コパ・アメリカ2019では最多タイの3得点を決めて母国優勝に導いた。

 現在24歳のヴァルトシュミットはフランクフルトの下部組織出身で、2015年4月にトップデビューを飾った。その後はハンブルガーSVを経て、2018年夏にフライブルクに加入。2019−20シーズンは公式戦24試合に出場し、8ゴールを記録した。また、各世代のドイツ代表に選ばれ、2019年のU−21EUROでは7ゴールを記録して得点王に輝き、東京オリンピックの出場権獲得と大会準優勝に貢献。同年10月にフル代表デビューを果たした。

関連記事(外部サイト)