ウィリアンがアーセナル移籍の決め手と意気込み語る「アルテタの下でなら…」

ウィリアンがアーセナル移籍の決め手と意気込み語る「アルテタの下でなら…」

アーセナルに加入したウィリアン [写真]=Getty Images

 ブラジル代表FWウィリアンは、アーセナルへの移籍の決め手と新天地での意気込みを語った。14日、クラブが公式サイトで伝えている。

 ウィリアンは32歳のブラジル人アタッカー。7シーズンを過ごしたチェルシーとの契約延長を拒否し、14日に同じロンドンを本拠地とするアーセナルへの移籍が発表された。32歳のベテランの契約としては異例ともいえる3年契約が締結され、その週給は12万ポンド(約1600万円)以上と言われる。そんな大きな期待を背負う経験豊富なテクニシャンは、アーセナル移籍を決意した理由と意気込みを語った。

「アーセナルのプレースタイルが好きだし、すべてが素晴らしいよ。スタジアムもそうだし、アルテタの下でならプレミアリーグ、そしてヨーロッパの舞台でタイトル争いが再びできるようになると思っている。だからここに来れてとても嬉しい」

「スタートに向けてワクワクしているよ。ピッチに足を踏み入れ、チームメイトを助けるために全力を尽くし、クラブが再び輝くのに手を貸すのが待ちきれない。それが僕の望んでいることだ」

 ウィリアンは最短で、29日に開催されるコミュニティ・シールドのリヴァプール戦で新天地デビューを果たすこととなる。

関連記事(外部サイト)