浅野拓磨が3試合連続ゴール! 胸で押し込んで先制弾、2連勝に貢献

パルチザンFW浅野拓磨がラドニク戦で3試合連続ゴール チームの2連勝に貢献

記事まとめ

  • パルチザンに所属する日本代表FW浅野拓磨がラドニク戦で3試合連続ゴールを決めた
  • 浅野は62分、フリーの状態で待ち構え、左サイドからのクロスを胸で押し込んだ
  • 今シーズンのリーグ戦3点目となり、チームはその後1点を加えて2−0で2連勝

浅野拓磨が3試合連続ゴール! 胸で押し込んで先制弾、2連勝に貢献

浅野拓磨が3試合連続ゴール! 胸で押し込んで先制弾、2連勝に貢献

パルチザンに所属する浅野拓磨(写真は8月9日の前節ヤヴォル戦)[写真]=Getty Images

 パルチザンに所属する日本代表FW浅野拓磨が、15日に行われたセルビア・スーペルリーガ第4節のラドニク戦で3試合連続ゴールを決めた。

 浅野は62分、カウンターでペナルティエリア右に走り上がりフリーの状態で待ち構えていると、左サイドからのクロスを倒れ込みながら胸で押し込んで先制点を挙げた。これで浅野は今シーズンのリーグ戦3点目。リーグ開幕戦こそノーゴールに終わったが、その後3試合連続でゴールを決めて好調なスタートを切っている。

 なお、パルチザンはその後、1点を加えて2−0で2連勝。リーグ開幕後3勝1敗となった。浅野は開幕4試合連続で先発出場し、90分に途中交代となった。

関連記事(外部サイト)