バルサ、加入1年目のグリーズマン売却を検討…チーム再建の資金調達

バルサ、加入1年目のグリーズマン売却を検討…チーム再建の資金調達

バルセロナはグリーズマンの売却を検討している [写真]=Getty Images

 バルセロナはフランス代表FWアントワーヌ・グリーズマンの売却を検討している模様だ。17日にスペイン紙『スポルト』が報じている。

 グリーズマンは昨夏の移籍市場でアトレティコ・マドリードからバルセロナへと加入。デビューシーズンでは公式戦通算48試合に出場し15ゴール4アシストを記録した。

 しかし、バルセロナは加入してわずか1年で同選手の売却を検討しているようだ。同クラブはチャンピオンズリーグ準々決勝でバイエルンに2−8のスコアで歴史的な大敗を喫したことから、クラブの再建を図ることになった。

 バルセロナは選手総入れ替えのためにも資金が必要で、グリーズマンに対するオファーを検討するようだ。果たして同選手は、念願のバルセロナ移籍からわずか1年で退団を強いられるのであろうか。

関連記事(外部サイト)