清水FW栗原イブラヒムジュニア、沼津への育成型期限付き移籍が決定

清水FW栗原イブラヒムジュニア、沼津への育成型期限付き移籍が決定

清水FW栗原イブラヒムジュニア、沼津への育成型期限付き移籍が決定の画像

 清水エスパルスは17日、FW栗原イブラヒムジュニアがアスルクラロ沼津へ育成型期限付き移籍することを発表した。契約期間は2020年8月17日〜2021年1月31日までとなっている。

 現在19歳の栗原イブラヒムジュニアはU−15、16、17、18日本代表に選出された経歴を持ち、三菱養和SCユースから今シーズン清水に加入した。ここまで公式戦の出場はなかった。新天地での背番号は「36」に決まっている。

 育成型期限付き移籍にあたり、同選手は清水に対して以下のようにコメントしている。

「このたび、アスルクラロ沼津に移籍することになりました。自分自身この決断をするのは簡単ではありませんでしたが、成長するために選んだこの決断をどうか温かく見守ってください。そしてアスルクラロ沼津のことも応援してくれたら嬉しいです。しっかりと成長していく姿を見せれるよう全力で頑張ってきます!」

 そして加入する沼津には以下のようにメッセージを寄せている。

「はじめまして。清水エスパルスから加入することになりました、栗原イブラヒムジュニアです。ジュニアと呼んでください!沼津の為に全力で闘います。応援よろしくお願いします!」

関連記事(外部サイト)