新型コロナの影響を受けマルセイユ対サンテティエンヌの開幕戦が延期に…代替日は9月予定

新型コロナの影響を受けマルセイユ対サンテティエンヌの開幕戦が延期に…代替日は9月予定

マルセイユが新型コロナ陽性者がでたことを発表した [写真]=Getty Images

 フランスプロフットボールリーグ(LFP)は18日、21日に開催が予定されていたリーグアンの2020−21シーズン開幕節、マルセイユ対サンテティエンヌの一戦を延期すると発表した。

 日本代表DF酒井宏樹の所属するマルセイユは13日、DFジョルダン・アマヴィが新型コロナウイルスに感染したことを発表。さらに16日の検査で3人に陽性の疑いが出たことを明かしていた。

 LFPは、国内の新型コロナウイルス対策委員会とLFPの競技委員会が話し合った結果、試合延期で決定したと発表。マルセイユのクラブ内の状況を鑑み、代替日は9月16、17日のいずれかを予定しているという。最終的な日時やスケジュールは、放送局との合意の上で決定されるようだ。

関連記事(外部サイト)