バルサGKテア・シュテーゲン、右ひざ手術で2カ月半の離脱…来季序盤は欠場へ

バルサGKテア・シュテーゲン、右ひざ手術で2カ月半の離脱…来季序盤は欠場へ

バルセロナに所属するGKテア・シュテーゲン [写真]=Getty Images

 バルセロナは18日、ドイツ代表GKマルク・アンドレ・テア・シュテーゲンが右ひざの手術を受けて、全治2カ月半と診断されたことをクラブ公式サイトで発表した。

 クラブは前日17日にテア・シュテーゲンが手術を受けることを発表。同選手は2019−20シーズンの開幕直後から右ひざに違和感を感じていたようで、「将来的に万全な状態へ戻るための予防策」として手術に踏み切った。

 スポーツ医学界の権威であるラモン・クガット医師が執刀した右ひざ蓋腱の手術は無事成功。全治2カ月半のため、復帰は11月頃になるようだ。2020−21シーズンのリーガ・エスパニョーラは9月12日に開幕する予定のため、来シーズンの序盤戦は欠場が決まった。

 現在28歳のテア・シュテーゲンは2019−20シーズンの公式戦46試合に出場。守護神としてシーズンを通じて戦い、17試合でクリーンシートを達成した。

関連記事(外部サイト)