首位・川崎F、J1新記録の10連勝を達成! 2位・C大阪にも屈せず5ゴール逆転勝利

首位・川崎F、J1新記録の10連勝を達成! 2位・C大阪にも屈せず5ゴール逆転勝利

川崎Fは小林のゴールなどでC大阪に勝利した [写真]=金田慎平

 19日、明治安田生命J1リーグ第11節が行われ、川崎フロンターレとセレッソ大阪が対戦した。

 リーグ戦で首位を走る川崎Fと、勝ち点差7で2位につけるC大阪の一戦。川崎Fは現在リーグ戦9連勝中で、この試合に勝利すればJ1の同一シーズン上の新記録となる10連勝がかかる一戦となった。

 先制したのはC大阪だった。7分、ハーフウェーライン付近で前を向いたDF丸橋祐介が、前線で走り出していたFWブルーノ・メンデスへスルーパス。抜け出したBメンデスは飛び出してきた川崎のGKチョン・ソンリョンの動きを冷静に見極め、左足でゴール左上へ決めた。

 対する川崎Fも反撃を見せる。21分、敵陣ペナルティエリア左角付近でFKを獲得すると、キッカーはMF脇坂泰斗。脇坂はゴール前の密集地帯へのクロスではなく右足でのシュートを選択し、C大阪のGKキム・ジンヒョンの意表を突いた。ボールはニアサイドを抜いてネットを揺らし、川崎Fが同点に追いつく。

 その後は互いに一進一退の攻防を見せるも、勝ち越したのは川崎Fだった。42分、相手ペナルティエリア右でボールを受けたDF山根視来が、すぐ後ろに位置したMF家長昭博へパス。すると家長は寄せてきたC大阪の丸橋に倒されPKを獲得した。これを家長が自らゴール左に蹴り込み、川崎Fが逆転に成功。前半は川崎Fが逆転して折り返す。

 両チーム共にメンバーを変えずに迎えた後半、川崎Fが追加点を記録する。53分、ペナルティエリア内の混戦からこぼれたボールを、FW小林悠が右足でシュート。これがファーサイドに決まり、川崎Fが2点差に突き放す。なお、前節にクラブ歴代最多得点者となった小林は、これで川崎Fでのゴール数を113にまで伸ばした。

 しかし、C大阪も反撃。敵陣中央の左サイドで獲得したFKから、丸橋が左足でゴール前へ蹴り込む。小林がニアサイドでクリアを試みるも、ボールはファーサイドへ流れ、これをフリーで反応したDF瀬古歩夢が押し込んだ。スコアはまたしても1点差となる。

 それでも、再び川崎Fが突き放す。75分、左に開いた小林が途中出場のMF三笘薫からの縦パスを治めると、後方を走ってきた三笘へパス。三笘はペナルティエリア左から、対峙した相手DFの股を抜くシュートを右足で放った。これがキム・ジンヒョンの逆を突くニアサイドへと決まり、川崎Fが4点目。三笘は公式戦5試合連続のゴールとなった。

 止まらない川崎Fはその2分後、相手ペナルティエリアの左からドリブルで縦へ仕掛けた三笘が低く速いクロスを送ると、中央で待っていたDF登里享平がシュート。これはキム・ジンヒョンに防がれるも、こぼれ球を途中出場のFWレアンドロ・ダミアンが押し込んだ。川崎が5点目を記録する。

 結局試合は5ー2で終了。逆転勝利を飾った川崎Fは、J1記録となる10連勝を達成した。次節、川崎Fはアウェイで名古屋グランパスと、C大阪はホームでベガルタ仙台と対戦する。

■スコア
川崎フロンターレ 5ー2 セレッソ大阪

■得点者
7分 0ー1 ブルーノ・メンデス(セレッソ大阪)
21分 1ー1 脇坂泰斗(川崎フロンターレ)
42分 2ー1 家長昭博(川崎フロンターレ)
53分 3ー1 小林悠(川崎フロンターレ)
58分 3ー2 瀬古歩夢(セレッソ大阪)
75分 4ー2 三笘薫(川崎フロンターレ)
77分 5ー2 レアンドロ・ダミアン(川崎フロンターレ)

関連記事(外部サイト)