バイエルン、3発完勝で7季ぶりCL決勝へ! リヨンはクラブ史上初の決勝進出逃す

バイエルン、3発完勝で7季ぶりCL決勝へ! リヨンはクラブ史上初の決勝進出逃す

バイエルンがチャンピオンズリーグ決勝進出を決めた [写真]=Getty Images

 チャンピオンズリーグ(CL)準決勝が19日に行われ、リヨンとバイエルンが対戦した。

 リヨンは準々決勝でマンチェスター・Cに3−1で勝利し、10季ぶりの準決勝進出を果たした。一方のバイエルンは決勝トーナメントでここまで15得点を挙げる攻撃力。準々決勝ではバルセロナを相手に8−2で大勝し、圧倒的な自信を胸にリヨン戦に臨んだ。なお、新型コロナウイルスの影響により、CL準々決勝以降はポルトガルのリスボンで集中開催され、シングルレグの一発勝負で行われた。

 リヨンは試合開始4分、相手陣内でボールを奪い、カウンターを仕掛ける。味方のスルーパスにメンフィス・デパイが抜け出すと、飛び出してきたGKマヌエル・ノイアーをかわしながら右足でシュート。しかし、ボールはゴールポスト右に外れた。バイエルンは11分、ペナルティエリア内右を突破したレオン・ゴレツカがボレーシュートを試みたがジャストミートせず、最初の得点機を逃した。

 リヨンは17分にも絶好の得点機を迎えた。カール・トコ・エカンビが右サイドから個人技でDFをかわし中央にカットイン。左足を振りぬくと、ボールは右ポストを直撃した。バイエルンはその直後の18分、セルジュ・ニャブリが右サイドの高い位置でボールを受けると、ドリブルで中央へ仕掛ける。そのまま左足で豪快なシュートをゴール左隅に突き刺し、先制点を奪った。

 バイエルンは33分、追加点を奪う。左サイドのイヴァン・ペリシッチが中央へ折り返したボールにロベルト・レヴァンドフスキが合わせるがGKに阻まれる。しかし、こぼれ球をニャブリが押し込んでこの試合2点目を挙げた。リヨンは後半へ折り返すと58分、エカンビがGKノイアーと1対1の局面を迎える。しかしこれはシュートブロックされ、点差を縮めることはできず。

 さらにリヨンは75分、左サイドを突破したマクスウェル・コルネが折り返すが、ゴール前に入ったラヤン・シェルキはこれにうまく合わせることができなかった。バイエルンは80分、途中交代で入ったコウチーニョが背後へのボールを受けると、これを冷静にゴールに流し込む。しかし、オフサイドの判定で追加点とはならなかった。バイエルンは88分、ジョシュア・キミッヒのCKにロベルト・レヴァンドフスキが頭で合わせ、追加点を奪った。

 諦めずに積極的にゴールに向かうリヨンだったが反撃も及ばず、ここで試合終了。バイエルンが2012−13シーズン以来7年ぶりの決勝進出を決め、リヨンはクラブ史上初の決勝進出とはならなかった。

 勝利したバイエルンは23日、パリ・サンジェルマンと決勝戦を戦う。

【スコア】
リヨン 0−3 バイエルン

【得点者】
0―1 18分 セルジュ・ニャブリ(バイエルン)
0―2 33分 セルジュ・ニャブリ(バイエルン)
0―3 88分 ロベルト・レヴァンドフスキ(バイエルン)

関連記事(外部サイト)