バルサ新指揮官、クラブの象徴メッシは「チームに欲しい世界最高の選手」

バルサ新指揮官、クラブの象徴メッシは「チームに欲しい世界最高の選手」

ロナルド・クーマン監督がリオネル・メッシについて言及した [写真]=Getty Images

 バルセロナのロナルド・クーマン監督が、アルゼンチン代表FWリオネル・メッシについて言及している。19日、イギリスメディア『BBC』が伝えた。

 バルセロナは14日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)準々決勝のバイエルン戦で2−8という歴史的な大敗を喫した。それを受けてジョゼップ・マリア・バルトメウ会長が臨時集会の開催をアナウンスすると、19日にクーマン監督がバルセロナの新指揮官に就任することが発表された。

 CLで大敗を喫したことにより、クラブの象徴であるメッシの退団の噂がささやかれるなか、クーマン監督は以下のようにコメントしている。

「彼はまだクラブと契約を結んでいるし、バルセロナの選手であることに変わりはない。彼と一緒に仕事をして、いろいろな選手と話をする必要がある。我々はいくつかの決断を下す必要があるが、彼が一緒にいてくれることを願っている。私には、メッシが(クラブに残ってくれるように)説得しなければならないかどうかは分からないが、それがそうであろうとなかろうと、彼はチームに欲しい世界最高の選手であり、敵にしたくない相手だ」

「私は監督として彼と一緒に仕事をしたいと思っている。彼はチームを勝たせてくれるからね。彼がいつも示してきたような能力とレベルにあるならば、彼がここにいてくれるのは何よりも嬉しいことだよ」

 メッシとの共闘を望むクーマン監督。バルセロナでこれからどのようなチームを作っていくのだろうか。

関連記事(外部サイト)