ついに戦列復帰のパヴァール、離脱中のある習慣を明かす「毎朝CLアンセムを流していた」

ついに戦列復帰のパヴァール、離脱中のある習慣を明かす「毎朝CLアンセムを流していた」

リヨン戦で戦列復帰したパヴァール [写真]=Getty Images

 リヨン戦に途中出場したフランス代表DFベンジャマン・パヴァールは、ケガから戦線復帰したことの喜びを口にした。19日、欧州サッカー連盟(UEFA)が公式サイトで伝えている。

 7月下旬、クラブのトレーニング中に左足足根骨部分の靭帯損傷のケガを負ったパヴァール。しばらくの間の離脱を余儀なくされていたが、17日にチームのトレーニングに復帰した24歳は、19日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)準決勝のリヨン戦でようやくベンチ入りを果たした。そして点差の開いた82分、ドイツ代表MFレオン・ゴレツカとの交代でピッチを踏むこととなった。

 バイエルンの決勝進出が決まったリヨン戦後、久々の出場となったパヴァールはCLにかける強い思いを口に。自身のリハビリ中に行っていた、ある習慣も明かした。

「家では、毎朝チャンピオンズリーグのアンセムを流していたんだ。復帰して、チームを助けたくてたまらなかったんだよ」

 バイエルンは2012−13シーズン以来のCL制覇を目指し、23日にパリ・サンジェルマンと決勝戦を戦う。

関連記事(外部サイト)