イングランド代表がメンバー変更…M・ナイルズとコーディが初招集

イングランド代表がメンバー変更…M・ナイルズとコーディが初招集

イングランド代表に初招集されたコーディ(左)、ナイルズ(右) [写真]=Getty Images

 イングランドサッカー協会(FA)は29日、UEFAネーションズリーグを戦う同国代表メンバーの変更を発表。DFハリー・マグワイアがメンバーから外れ、DFコナー・コーディ(ウルヴァーハンプトン)とDFエインズリー・メイトランド・ナイルズ(アーセナル)を追加招集することを発表した。

 マグワイアはギリシャのミコノス島で逮捕され、同国の裁判所から21カ月10日の禁固刑を言い渡されたと報じられた。これを踏まえ、イングランド代表を率いるガレス・サウスゲート監督は今回マグワイアを代表チームから外すことを決意。代わりに、初招集となる2名をチームに呼び寄せた。

 コーディは近年躍進を続けているウルヴァーハンプトンをキャプテンとしてけん引。2018−19シーズンから2季連続でプレミアリーグ全試合フルタイム出場を成し遂げている。

 メイトランド・ナイルズはアーセナルの下部組織出身。2017−18シーズンから徐々にトップチームでの出場機会を確保し、2019−20シーズンは公式戦33試合に出場し1ゴールを記録した。29日に行われたコミュニティシールドのリヴァプール戦でもフル出場を果たしている。

 同代表は9月5日にアイスランド代表と、8日にデンマーク代表と対戦する予定だ。

 今回の変更を踏まえたイングランド代表のメンバー25名は以下の通り。

▼GK
ディーン・ヘンダーソン(マンチェスター・U)
ジョーダン・ピックフォード(エヴァートン)
ニック・ポープ(バーンリー)
▼DF
トレント・アレクサンダー・アーノルド(リヴァプール)
コナー・コーディ(ウルヴァーハンプトン)※追加招集
エリック・ダイアー(トッテナム)
ジョー・ゴメス(リヴァプール)
マイケル・キーン(エヴァートン)
エインズリー・メイトランド ・ナイルズ(アーセナル)※追加招集
タイロン・ミングス(アストン・ヴィラ)
キーラン・トリッピアー(アトレティコ・マドリード/スペイン)
カイル・ウォーカー(マンチェスター・C)
▼MF
フィル・フォーデン(マンチェスター・C)
メイソン・マウント(チェルシー)
カルヴァン・フィリップス(リーズ)
デクラン・ライス(ウェストハム)
ジェームズ・ウォード・プラウズ(サウサンプトン)
ハリー・ウィンクス(トッテナム)
▼FW
タミー・アブラハム(チェルシー)
メイソン・グリーンウッド(マンチェスター・U)
ダニー・イングス(サウサンプトン)
ハリー・ケイン(トッテナム)
マーカス・ラッシュフォード(マンチェスター・U)
ジェイドン・サンチョ(ドルトムント/ドイツ)
ラヒーム・スターリング(マンチェスター・C)

関連記事(外部サイト)