初のCL本戦に届かず…予選敗退を悔やむ菅原由勢「今まで以上に強いモノを持たないとダメ」

初のCL本戦に届かず…予選敗退を悔やむ菅原由勢「今まで以上に強いモノを持たないとダメ」

ディナモ・キエフ戦に途中出場した菅原由勢 [写真]=Getty Images

 AZに所属するDF菅原由勢が16日、自身のツイッターを更新し、チャンピオンズリーグ(CL)予選敗退の悔しさをつづった。

 AZは15日に行われたCL予選3回戦でディナモ・キエフ(ウクライナ)と対戦し、2−0で敗戦。今シーズンは一発勝負のため予選敗退が決まり、11シーズンぶりの本戦出場を逃した。

 同試合の79分に途中出場した菅原は一夜明けた16日にツイッターを更新。自身初となるCL本戦出場に届かなかった悔しさをつづった。「チャンピオンズリーグへの挑戦が終了。大きな目標を一つ失ったけど、難しくまだまだ先にあるその舞台まで今までCLにかけてた思いや準備以上に強いモノを持たないとダメだと思った。常に高いレベルを自分に求めてそこに身を置けるようにまた今日から準備を始めたいと思います。 まだまだだー」

 なお、CL予選3回戦で敗退したAZは、ヨーロッパリーグ(EL)のグループステージに回ることが決まっている。ELグループステージの組み合わせ抽選会は10月2日に行われ、第1節は10月22日に開催される。

関連記事(外部サイト)