マンCに大きな痛手…FWジェズスが約3週間の負傷離脱、レスター戦も欠場へ

マンCに大きな痛手…FWジェズスが約3週間の負傷離脱、レスター戦も欠場へ

ウルブス戦で負傷したジェズス [写真]=Getty Images

 マンチェスター・Cに所属するブラジル代表FWガブリエル・ジェズスが負傷により離脱するようだ。イギリスメディア『スカイスポーツ』が伝えている。

 ジェズスはプレミアリーグ第2節ウルヴァーハンプトン戦に先発フル出場。後半アディショナルタイムに得点を記録し3−1での勝利に貢献した。一方24日に行われたカラバオ・カップ3回戦ボーンマス戦は欠場。過密日程によるターンオーバーかと思われていたが、負傷していたようだ。

 ブラジルサッカー連盟(CBF)は25日、「水曜日、イングランドのチームはブラジル代表の医師であるロドリゴ・ラスマルに連絡を取り、月曜日に行われたプレミアリーグ・ウルバーハンプトン戦の試合後に同選手の負傷が診断されたことを報告した」と声明を発表。10月9日と13日に行われる予定のボリビア戦、ペルー戦の招集メンバーからジェズスが負傷のため外れ、ヘルタ・ベルリンからFWマテウス・クーニャを追加招集したと明かした。

 ジェズスは自身のSNSを更新し、「すぐ戻ってくるよ」とコメント。同メディアによるとジェズスは約3週間の離脱となるようだ。これにより27日のレスター戦、30日のバーンリー戦、そして3日のリーズ戦の欠場が見込まれている。

関連記事(外部サイト)